2種類以上のワクチンを同時に接種することを、同時接種と呼ぶ。乳児においては、接種忘れがなくなり各ワクチンの接種率が向上する、ワクチンで予防できる感染症から子どもたちを早期に守ることができる、保護者の負担が軽減するなどのメリットがあり、海外では早くから推奨されてきた。我が国においても、歴史は浅いものの、日本小児科学会が以下のような見解を公表し、同時接種を推奨している。

乳児におけるワクチンの同時接種は危険かの画像

ログインして全文を読む