DPP-4阻害薬は、活性型インクレチン濃度を上昇させることで血糖降下作用を示すが、血糖値依存的にインスリン分泌促進作用、グルカゴン濃度低下作用を増強させ、低血糖が起きにくいと考えられている。このような薬理学的アプローチは、血糖降下薬として理想的な薬剤という印象を持つ人も多いだろう。

DPP-4阻害薬の「有効性」とは何か?の画像

ログインして全文を読む