日経メディカルのロゴ画像

循環器プレミアム4月調査から
プラスグレルをはじめとする新規抗血小板薬、74.1%が「期待」

 プラスグレルをはじめとする新規抗血小板薬の登場に対して、74.1%の医師が「期待している」と回答した。日経メディカル Online 循環器プレミアムが4月に実施した調査により明らかになった。

 調査ではまず、新規抗血小板薬の登場をどのように受け止めているのか、「とても期待している」「どちらかというと期待している」「どちらかというとあまり期待していない」「期待していない」「分からない」の選択肢を提示し、考えに使いものを選んでもらった(単一回答、n=417)。

 その結果、「どちらかというと期待している」が55.2%と最多で、「とても期待している」の18.9%を合わせ74.1%が「期待している」ことが分かった(図1)。「分からない」は12.5%、「どちらかというとあまり期待していない」は11.8%、「期待していない」は0.2%だった。

この記事を読んでいる人におすすめ