日経メディカルのロゴ画像

「脂質異常症に関する調査2012-2013」から(No.5)
リピトール、クレストールの処方理由は「効果が確実」、メバロチンは「作用機序が明確」
循環器内科で同率の処方率2位だったゼチーアは「作用機序が明確」

 現在処方している脂質異常症の治療薬で、処方率の高かったリピトールクレストールメバロチンについて、その処方理由を抽出したところ、リピトールとクレストールは「効果が確実」が、メバロチンは「作用機序が明確」が、それぞれ最も多い理由であることが分かった。日経メディカル オンラインが実施した「脂質異常症に関する調査2012-2013」で明らかになった。

 調査は、脂質異常症の治療方針、脂質異常症治療薬の処方経験、脂質異常症治療に関する情報ニーズなどを尋ね、脂質異常症治療の現状を明らかにすることを目的に実施した。日経メディカル オンラインの会員医師に調査への協力を求めたところ、2012年12月6日から12月13日までに707人から回答が得られた。

 治療薬の処方経験については、22銘柄を提示した上で、現在処方している銘柄を選んでもらった。その結果、全体ではリピトールが78.1%でもっとも多く、クレストールが75.1%、メバロチンが74.7%で続いた。ゼチーアが67.8%、リバロが62.1%、エパデールが56.0%で、ここまでが50%超だった。

 上位に挙がったリピトール、クレストール、メバロチンについて、その処方理由を明らかにしたところ、それぞれに特徴があった。

 調査では、「作用機序が明確」「効果が確実」「効果の発現が早い」「効果の発現が緩徐」「高齢者でも使いやすい」「合併症ある場合も使いやすい」「QOLに好影響がある」「服薬コンプライアンスがよい」「副作用が少ない」「動脈硬化の進展抑制」の10項目を提示し、現在処方している薬ごとに、その処方理由を選んでもらった。

 まず回答者全体でみると、リピトールの処方理由は、「効果が確実」が65.8%で最も多い支持を集めた(n=552、図1)。「作用機序が明確」が36.6%、「動脈硬化の進展抑制」が23.4%で続いた。

この記事を読んでいる人におすすめ