日経メディカルのロゴ画像

New Insight from Basic Research
今、発生や再生の国際学会で話題のニシキヘビとは
特定の組み合わせの脂肪酸は心臓を保護する

2011/12/27
古川 哲史=東京医科歯科大学

 最近、心臓に関連した発生・再生の国際学会に出席すると、「今話題のニシキヘビが(Currently very hot python is)・・・」「みなさんよくご存知のようにニシキヘビは(As you all know, python)・・・」といったフレーズを頻繁に耳にする。pythonの何が話題なのか見当もつかなかった小生は、1人取り残された気分だった。

 10月28日にScience誌に発表された下記の論文で、pythonがなぜ話題となっていたのかを、やっと理解することができた。pythonがエサを食べた後に血中で増加する特定の脂肪酸のコンビネーションが、心臓の成長やパーフォーマンスの向上に重要な役割を果たしているというのである。

Fatty acids identified in the Burmese python promote beneficial cardiac growth. Riquelme CA, et el. Science. 2011;334:528-31.

 心肥大には、高血圧などに伴う病的心肥大(harmful hypertrophy;有害心肥大)と、出生後の成長や妊娠、運動に伴う生理的心肥大(beneficial hypertrophy;有益心肥大)とがある。

 病的心肥大では、心不全のマーカーとしてわれわれが利用している脳性ナトリウム利尿ペプチド(BNP)や心房性ナトリウム利尿ペプチド(ANP)などの遺伝子発現が亢進し、これとともに心機能が障害される。一方、生理的心肥大ではANPやBNPの遺伝子発現は亢進せず、心機能は障害されるどころかそのパーフォーマンスは向上する。

 pythonはめったに摂食しないが、摂食するときは信じられないほど大量のエサを一度に摂取する(「星の王子さま」で、ヘビがゾウを飲み込んだ場面が目に浮かぶ)。その食後2日をピークに、40%程度の心肥大が起こる。この時、病的心肥大経路のシグナル(細胞内情報伝達)は活性化されず、生理的心肥大経路のシグナルが活性化される。

 では、pythonにおいて、食後生理的心肥大をもたらすものは何なのだろう。

この記事を読んでいる人におすすめ