日経メディカルのロゴ画像

日本血管外科学会2011
SFA領域PADに対する血管内治療は有効
TASC II C/D病変でも再治療でほぼ満足できる成績に

2011/05/17
高橋 浩=メディカルライター

小倉記念病院の隈宗晴氏

 従来、バイパス術が基本とされてきた浅大腿動脈(SFA)領域の末梢動脈疾患PAD)。最近は、低侵襲の血管内治療(EVT)を実施する症例が増えつつあるが、その有効性や適応についてはいまだ明確ではない。

 小倉記念病院血管外科の隈宗晴氏らは、第39回日本血管外科学会学術総会(4月20~22日、開催地:沖縄県宜野湾市)のシンポジウム「大腿動脈以下末梢動脈に対する治療戦略(血管内治療 vs Open.)」で、TASC(Trans-Atlantic Inter-Society Consensus)II 分類のA/B病変はEVTが第1選択となり得るが、C/D病変もEVTを複数回行うことでほぼ満足できる成績が得られると発表した。

 2007年に改訂されたTASC II は、EVTに大きくシフトする内容となった。適応範囲が拡大され、基本的にA病変はEVTが第1選択、B病変はEVTが望ましい、C病変はリスクがなければバイパス術が望ましい、D病変はバイパス術が第1選択――とされた。

 以来、SFA領域のPADでもEVTを実施する症例が増えている。しかし、その長期成績はバイパス術に及ばないというのが一般的な見方だ。特にTASC II D病変では、バイパス術よりも明らかに劣ることが報告されている。

 隈氏らは今回、小倉記念病院の血管外科および循環器科で、2007年4月~10年3月にバイパス術またはEVTを行ったSFA領域PAD 246例276肢の成績を検討した。血行再建術の内訳は、バイパス術が87例102肢(S群)、EVTが159例174肢(E群)。

 平均年齢はS群71歳、E群72歳、男女比はそれぞれ64例対23例、113例対46例で、いずれも有意差はなかった。Fontaine分類は、重症に相当するIII度(安静時疼痛)またはIV度(皮膚潰瘍)がS群で32%と、E群の17%に比べて多かった。

 TASC II 分類に関しても、S群で重症例が多かった。C病変(重度石灰化、15cmを超える多発性狭窄または閉塞など)またはD病変(20cmを超える慢性完全閉塞など)の割合はS群92%で、E群の49%に比べて明らかに高率だった。術前合併症には大きな差は見られなかった。

 S群の術式は、大腿-膝上膝窩動脈(AKFP)バイパス術が87肢、大腿-膝下膝窩動脈(BKFP)バイパス術が15肢(うち13肢は自家静脈)だった。
 

この記事を読んでいる人におすすめ