日経メディカルのロゴ画像

日本血管外科学会2011
SFA領域PADに対する血管内治療は有効
TASC II C/D病変でも再治療でほぼ満足できる成績に

2011/05/17
高橋 浩=メディカルライター
SFA領域PADに対する血管内治療は有効の画像

 従来、バイパス術が基本とされてきた浅大腿動脈(SFA)領域の末梢動脈疾患(PAD)。最近は、低侵襲の血管内治療(EVT)を選択する症例が増えつつあるが、その有効性や適応についてはいまだ明確ではない。

この記事を読んでいる人におすすめ