日経メディカルのロゴ画像

New Insight from Basic Research
Marfanの大動脈瘤形成抑制に、なぜARBが有効か
TGFβシグナルを介した病態とARBの作用機序が明らかに

2011/04/21
古川 哲史=東京医科歯科大学
Marfanの大動脈瘤形成抑制に、なぜARBが有効かの画像

 マルファン症候群は、細胞外基質蛋白であるfibrillin1の遺伝子(Fbn1)変異を原因とする遺伝性疾患であり、心血管系では大動脈瘤とこれに伴う大動脈弁閉鎖不全症を伴う。

この記事を読んでいる人におすすめ