日経メディカルのロゴ画像

循環器プレミアム速報
今週末の第75回日本循環器学会、中止へ
(2011.3.14. 16:30更新)

2011/03/14
高志 昌宏

 日本循環器学会は3月13日、今週末の3月18~20日にパシフィコ横浜で開催する予定の第75回総会・学術集会について、東北関東大震災の被害状況を鑑み、開催中止を含め最終検討を行っていることを明らかにした。本日(14日)中に最終決定をウェブサイトで告知するとのこと。同学会総会・学術集会に参加する予定の先生方は、学会ウェブサイトで最新の情報を入手してほしい。

[2011.3.14. 16:30更新]
 第75回日本循環器学会総会・学術集会の中止が決まった。同学会ウェブサイトに掲出された告知の中で今期大会長の小川聡・慶大名誉教授は、「将来の循環器医療を担うべき医師、コメデイカルの皆様に、最先端の研究、医療に触れて頂く場を提供すべく万全の準備を進めて参りましたので、どのような形に縮小してでも学術交流の機会だけは提供したいという強い思いでおりました。しかしながら、今回の東北関東大震災の全容が明らかになる程にさらに被害が拡大する状況にあって、被災地において負傷者の救急医療に全力であたっておられる東北地区の会員や、救護チームとして全国から派遣されている会員の先生方のご苦労を考える時、我が国の救急医療の一翼を担う日本循環器学会として何をすべきは明確であります。」と、苦渋の判断を下した心境を語っている。

 その上で、「会員諸氏におかれましては、学術集会にご参加される代わりに、医師として、また一人の人間として、できる範囲で救護・支援活動に尽力頂けますよう祈っております。」としている。
 

この記事を読んでいる人におすすめ