日経メディカルのロゴ画像

日本冠疾患学会2010
CABGと下肢バイパスの同時手術はリスクとならず
10年生存率や心血管イベント回避率は有意悪化せず

2011/01/24
軸丸 靖子=医療ライター
CABGと下肢バイパスの同時手術はリスクとならずの画像

 冠動脈疾患(CAD)に末梢動脈疾患(PAD)を合併し、心臓と下肢のどちらも手術を待てない症例では、やむを得ず、冠動脈バイパス術(CABG)と下肢バイパス術が同時に施行されることがある。

この記事を読んでいる人におすすめ