日経メディカルのロゴ画像

日本蘇生学会2010
病院前蘇生時の胸骨圧迫、用手法では状況により差
自動装置では安定した実施が可能・生存退院率悪化なども見られず

2010/10/05
高橋 浩=メディカルライター
病院前蘇生時の胸骨圧迫、用手法では状況により差の画像

 病院前蘇生では、できるだけ早期から、十分な強さと速度の胸骨圧迫を絶え間なく行うことが要求される。しかし、訓練を受けた救急隊員でも、場所や状況により、質の高い胸骨圧迫を維持できないことがある。

この記事を読んでいる人におすすめ