日経メディカルのロゴ画像

欧州心臓学会2010 overview
心房細動患者の脳卒中予防、新たな時代へ
開発中の経口抗凝固薬や改訂ガイドラインに注目集まる

 欧州心臓学会ESC2010)が8月28日~9月1日、スウェーデンのストックホルムで開催された。今学会では、いくつかの新しいガイドラインが発表されたが、中でも新しい心房細動ガイドライン関連記事1関連記事2)は、これまでのように米国との合同ではなくESCが単独でまとめた初のガイドラインとして注目を集めた。

 全61ページにわたる新しい心房細動ガイドラインでは、従来のCHADS2スコアよりもきめ細かい評価指標の「CHA2DS2-VAScスコア」、大出血を予測する「HAS-BLEDスコア」などが新たに導入されるなど、改めて抗血栓療法による脳卒中予防の重要性が強調された。

 また、標準治療のワルファリンに代わる新しい抗凝固薬として、現在開発中のdabigatran選択的トロンビン阻害薬)とapixaban選択的第Xa因子阻害薬)についても、改訂心房細動ガイドラインで触れられている。

 こうした影響もあってか、HOTLINEセッションではapixabanとrivaroxabanという2つの第Xa因子阻害薬の第III相試験の成績が報告されたほか、製薬メーカー共催のサテライトシンポジウムやプレス向けイベントでも、新しい経口抗凝固薬の話題が目白押しで、いずれも多くの聴衆を集め、盛況だった。

 開発中のメーカーはいずれも、複数の適応症について臨床試験を進めているが、最終的にはそのマーケットの大きさゆえに「心房細動患者の脳卒中予防」での承認を目指しているようだ。

 そこで今回は、ESC2010で話題となった新しい抗凝固薬の情報について、心房細動を中心にまとめて紹介しよう。

apixaban、心房細動患者を対象にアスピリンと比較

 8月31日のHOTLINEセッションでは、第Xa因子阻害薬apixabanの第III相試験であるAVERROES試験の結果が発表された(関連記事3)。

この記事を読んでいる人におすすめ