日経メディカルのロゴ画像

日本心血管インターベンション治療学会(CVIT2010)
虚血性心疾患の2次予防にEPA摂取を
血中EPA/AA比0.5以上が目安、0.3未満ではハイリスク

2010/09/06
軸丸 靖子=医療ライター

 虚血性疾患の2次予防はスタチンや抗血小板薬、レニン・アンジオテンシン系抑制薬で行われることが多いが、ストロングスタチンを投与した場合でも心血管イベントのリスク減少率は3割ほどで、7割はリスクが残存することになる。

この記事を読んでいる人におすすめ