日経メディカルのロゴ画像

シタグリプチンとSU薬併用時の重度低血糖で注意喚起
わが国を代表する専門医による委員会が勧告を発表

2010/04/15
高志 昌宏

 ジペプチジルペプチダーゼ4阻害薬DPP4阻害薬シタグリプチン(商品名ジャヌビア)とSU薬の併用時に重篤な低血糖を起こした症例の報告が続いていることから、わが国を代表する糖尿病専門医で組織された「インクレチンとSU薬の適正使用に関する委員会」はこのほど、医療従事者に対する注意喚起となる勧告を発表した。原文は日本糖尿病協会のウェブサイトに4月8日、日本糖尿病学会のウェブサイトに4月14日、それぞれ公開された。

 国内の臨床試験では、シタグリプチンとSU薬との併用で臨床上問題となる重篤な副作用は1例も見られなかった。だが2009年12月にシタグリプチンが発売され実臨床で使われるようになってから、SU薬にシタグリプチンを追加投与した後に、重篤な低血糖による意識障害を起こしたという症例の報告が後を絶たないという。そこで専門医有志からなる委員会が組織され、対策案がまとめられた。

 重篤な低血糖を起こしたケースを分析した結果、(1)高齢者、(2)軽度腎機能低下、(3)SU薬の高用量内服、(4)SU薬ベースで他剤併用、(5)シタグリプチン内服追加後早期に低血糖が出現――といった特徴が認められたという。

 これを踏まえ5項目の「Recommendation」が発表された(赤文字色は日本糖尿病協会のサイト表示に従った)。

(1)高齢者や軽度腎機能低下者にSU薬の使用は極めて慎重でなければならない。
投与して効果が少ない場合、SU薬は安易に増量しない。

(2)高齢者・心不全・腎機能低下(軽度障害を含む)は、現行ではビグアナイド薬の投与は禁忌。

(3)SU薬ベースで治療中の患者でシタグリプチンを追加投与する場合、SU薬は減量が望ましい。特に高齢者(65歳以上)、軽度腎機能低下者(Cr 1.0mg/dL以上)、あるいは両者が併存する場合、シタグリプチン追加の際にSU薬の減量を必須とする。アマリール2mg/日を超えて使用している患者は2mg/日以下に減じる。
オイグルコン(ダオニール)2.5mg/日を超えて使用している患者は2.5mg/日以下に減じる。グリミクロン40mg/日を超えて使用している患者は40mg/日以下に減じる。
この量以下で、血糖コントロール不十分な場合はそのままシタグリプチンを併用し、必要に応じてSU薬を増量する。

SU薬が上記の量以下で、治療されていて血糖コントロールが不十分な場合はそのままシタグリプチンを併用し、血糖の改善がみられれば、必要に応じてSU薬を減量する。

 

この記事を読んでいる人におすすめ