日経メディカルのロゴ画像

日本疫学会2010
CVD既往者でも身体活動は高い方がよい
非既往者と同様、身体活動量に応じて心血管死リスクは低下

2010/02/01
軸丸 靖子=医療ライター

 日常の身体活動が心血管疾患(CVD)死のリスクを低下させることは知られているが、その知見の多くはCVDの既往がある人を除外して得られたものだ。浜松医大健康社会医学講座の柴田陽介氏らは、CVDの既往がある人においても、身体活動量に応じたリスク低減効果が得られることをJMSコホート研究から明らかにし、第20回日本疫学会学術総会で発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ