日経メディカルのロゴ画像

Sendai/New Tokyo Live 2009
LMT分岐部病変へのPCIは"Keep it simple"が基本
IVUSガイドは必須、ローターブレーターも使える施設・術者であること

2009/12/09
軸丸 靖子=医療ライター
LMT分岐部病変へのPCIは

 長く外科の領域とされてきた左冠動脈主幹部(LMT)病変は、薬剤溶出性ステント(DES)の登場によって、経皮的冠動脈インターベンション(PCI)のアプローチ対象となってきた。しかし、その分岐部病変へのPCIについてはいまだ最難関に位置づけられおり、いわゆるone stent法とtwo stent法のどちらを選択すべきかといった手技についても合意は得られていない。

この記事を読んでいる人におすすめ