日経メディカルのロゴ画像

特集◆インクレチン関連薬への期待 第2回
膵β細胞保護が可能なら糖尿病治療の根幹が変わる
秋田大学 内分泌・代謝・老年内科学教授 山田 祐一郎 氏

2009/11/24
聞き手:軸丸 靖子=医療ライター
膵β細胞保護が可能なら糖尿病治療の根幹が変わるの画像

本当にインクレチン関連薬によって膵β細胞が増えるとなれば、ほかの血糖降下薬と横並びではなく、基盤的な糖尿病治療薬になるはずです。注射剤であるGLP1アナログも、「これを使えば糖尿病は治りますよ」といえれば、患者さんの抵抗感も違ってくるでしょう。

この記事を読んでいる人におすすめ