日経メディカルのロゴ画像

米国腎臓学会(ASN)2009
ARBとスタチンにより高血圧患者のオステオポンチンが低下
血中オステオポンチン濃度は血管炎症の指標として有用

2009/11/27
小林 圭=医学ライター
ARBとスタチンにより高血圧患者のオステオポンチンが低下の画像

 オステオポンチンは骨形成プロセスにかかわることで知られる蛋白質だが、近年、炎症性サイトカインとして動脈硬化を促進する作用が注目されている。高血圧患者の血中オステオポンチン濃度は健常者に比べ高値を示すが、ARBとスタチンを投与すると血中オステオポンチン濃度は低下することが報告された。

この記事を読んでいる人におすすめ