日経メディカルのロゴ画像

支払基金、適応外使用33事例の保険給付認める
小児へのスピロノラクトンや難治性心房細動へのアミオダロン注射など

2009/09/23
大滝 隆行

 社会保険診療報酬支払基金は9月15日、添付文書上「小児等に対する安全性は確立していない」とされているスピロノラクトン・硫酸アトロピン・アドレナリン注射薬を小児患者に対して使用した場合や、鎮痙剤の硫酸マグネシウム注射薬を「心室頻拍症」に使用した場合など33の適応外使用例を、「薬理作用が同じ」などの理由で審査上認めるとする見解を発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ