日経メディカルのロゴ画像

クロピドグレルとPPIの相互作用についてSCAIが声明発表
抗血小板薬の併用患者にはH2ブロッカーまたは制酸剤の使用を推奨

2009/05/18
山川 里香=医学記者

 2009年5月6日、The Society for Cardiovascular Angiography and Interventions(SCAI)の第32回学術集会LCBTにおいて、冠動脈ステント治療後にクロピドグレルプロトンポンプ阻害薬(PPI)を併用した患者は、併用していない患者に比べ心血管イベントのリスクが51%上昇したとするレトロスペクティブコホート研究「The Clopidogrel Medco Outcomes Study」の結果が発表された(抄録はこちら。5/15現在、発表のスライドがこちらで閲覧できる)。

 米国の薬剤給付管理会社であるMedco Health Solutions, Inc.とインディアナ大学医学校が共同で実施した研究で、これを受けてSCAIは注意喚起の声明「SCAI Statement on “A National Study of the Effect of Individual Proton Pump Inhibitors on Cardiovascular Outcomes in Patients Treated with Clopidogrel Following Coronary Stenting: The Clopidogrel Medco Outcomes Study”」(原文はこちら)を発表した。以下に、学会が発表した声明を全文訳する。


この記事を読んでいる人におすすめ