日経メディカルのロゴ画像

速報◇日本高血圧学会2008
詳説「高血圧治療ガイドライン2009」
エビデンスの充実を踏まえ大幅改訂、ボリュームは1.5倍に

2008/10/12

別会場にも中継され多くの参加者が聞き入った

 10月11日、第31回日本高血圧学会総会(札幌市)において開催された「特別企画・JSH2009ガイドライン」と題するシンポジウムで、改訂作業が進められている「高血圧治療ガイドライン」(以下、JSH2009と表記する)の最終案が報告された。

 本シンポジウムでは、このJSH2009の作成にかかわった15人の専門家が登壇し、血圧の評価とリスクの層別化、初診時の高血圧管理計画、薬物療法の進め方、脳卒中・心疾患既往患者における降圧薬の使い方、腎臓、メタボリックシンドローム・糖尿病、高齢者高血圧、参加者・パブリックコメントへの回答というテーマで報告と討論を行った。

 その中から本稿では、JSH2009で修正、追加された点を中心に紹介する。なお、JSH2009は学会員や一般から公募した意見と本シンポジウムの討議を反映させて最終稿をまとめ、2009年1月に刊行の予定。従って本稿の記事は図表も含め、現時点でのガイドライン案に基づくものであり、最終的な刊行物の内容とは一部異なる可能性があることをお断りしておく。

10/17◇4ページ図3、5ページ表中の誤りを訂正しました


この記事を読んでいる人におすすめ