日経メディカルのロゴ画像

Society of Interventional Radiology 2009
薬剤溶出ステント:下肢虚血における玉虫色の結論
SIR: Drug-Eluting Stents: Mixed Results in Limb Ischemia

2009/03/31

 薬剤溶出ステント(DES)は、重篤な下肢虚血の治療において血管の長期開存性を改善したが、全体的にみた患者の転帰では、ベアメタルステント(BMS)と比較した長期の優越性は見られなかった――。米国サンディエゴで開催されたSociety of Interventional Radiologyで、ギリシャ・Patras大学病院のDimitris Karnabatidis氏らのグループが明らかにした。

この記事を読んでいる人におすすめ