日経メディカルのロゴ画像

翻訳や英文作成、翻訳外注の際に役立つ情報

2013/04/04

 「ワンランク上の英語発表を目指して実践編」(5回目)です。今回は、「英語屋」からのアドバイスということで、在宅翻訳者や翻訳会社から収集した情報を整理してお伝えします。後半では、医師で循環器プレミアムのライターでもある、難波寛子先生にお話ししてもらいます。自分で翻訳や英文作成するとき、あるいは、翻訳を外注するときに役立つ情報がいろいろあると思いますので、ぜひご覧ください(動画撮影=西田香織)。

著者プロフィール

西村多寿子(プレミアム医学英語教育事務所代表)にしむら たずこ氏。東京大学大学院医学系研究科国際保健学修士課程修了。外資系製薬会社、総合病院、産業保健分野での実務経験を経て独立。医学系の様々な領域の翻訳、記事執筆、講師歴のほか、医学系以外の研究者やビジネスパーソンとの交流にも力を入れている。

連載の紹介

ワンランク上の英語発表を目指して(実践編)
国内学会においても、研究成果を英語で発表する機会が増えています。医学系の様々な領域の翻訳のほか、記事執筆、講師などの活動を展開している西村多寿子氏が、ワンランク上の英語発表を目指してすべき実践的なノウハウを解説します。

この記事を読んでいる人におすすめ