2016年以降、循環器学会関連の診療ガイドラインは年3本以上、新規ないしは改訂版が発行されており、ここ3年間で16本にもなる。正直、ついて行けない。

ログインして全文を読む