心房細動患者に対するCHA2DS2-VAScスコアを用いた脳卒中リスク評価は毎年更新されるべきと、台北退役軍人総合病院のTze-Fan Chao氏らがAnn Intern Med誌で提言した[1]。台湾の国民健康保険データベースの解析によるもので、同誌オンライン版に1月1日掲出された。

心房細動の脳卒中リスク評価は毎年更新すべきの画像

ログインして全文を読む