日経メディカル Onlineでも活躍中の田邉昇氏の著書『弁護医師が斬る医療裁判ケースファイル180』[1]で紹介された事案が気になって、調べてみた。東京地方裁判所で2003年5月28日に判決された「平成13年(ワ)第16065号 損害賠償請求事件」である。

腎機能の検査の遅れが透析導入や死亡早めたの画像

ログインして全文を読む