日経メディカルのロゴ画像

JAMA Intern Med誌から
低リスク胸痛患者の鑑別に迅速診断プロトコールが有用
救急外来の早期退出率が標準的診断手順よりも有意に高率

2013/10/28
難波寛子=医師
低リスク胸痛患者の鑑別に迅速診断プロトコールが有用の画像

 TIMIスコア、心電図、トロポニンテストの3項目からなる迅速診断プロトコール(accelerated diagnostic protocol;ADP)を用いることで、標準的な診断手順よりも低リスク胸痛患者の救急外来からの早期退出が可能となり、帰宅後の予後も良好である可能性が示された。

この記事を読んでいる人におすすめ