日経メディカルのロゴ画像

Lancet誌から
Y染色体は冠動脈疾患リスク上昇と関連
ハプログループI系統の男性は他の男性に比べリスクが50%高い

2012/03/01
西村 多寿子=東京大学

 冠動脈疾患の発症率は男性の方が女性より高い。男性における冠動脈疾患リスクとY染色体の配列多型の関係を調べるため、英国人男性のY染色体をハプログループに分類したところ、ハプログループI系統の男性はその他の系統の男性に比べて、冠動脈疾患のリスクが約50%高いことが分かった。この結果は2月9日、Lancet誌オンライン版に発表された。

この記事を読んでいる人におすすめ