日経メディカルのロゴ画像

Circulation誌から
80歳超でもワルファリンによる出血リスクは増加せず
専門施設での管理により高齢者にも安全に投与可能

2011/08/25
難波 寛子=医師

 80歳以上の超高齢者に対してワルファリンを用いた経口抗凝固療法を行っても、出血リスクは増加せず、年齢そのものは治療の禁忌とならないことが示された。この結果は、Circulation誌8月16日号に掲載された。

この記事を読んでいる人におすすめ