日経メディカルのロゴ画像

Lancet誌から
1型糖尿病の血糖管理不良は心不全の危険因子
スウェーデンにおける9年間の観察研究結果

2011/07/15
難波 寛子=医師

 若年の1型糖尿病(DM)患者の心血管疾患による死亡率は、一般集団の8~40倍と高いことが知られているが、その血糖コントロール心不全との関連は不明だった。今回、スウェーデンの大規模なコホート研究から、HbA1cが高くなるほど心不全リスクが上昇することが明らかになった。この結果は、Lancet誌オンライン版6月25日号に掲載された。

 スウェーデンの糖尿病患者のデータベース(national diabetes registry;NDR)に、1998年1月から2003年12月までに登録された18歳以上の1型DMで、心不全のない患者2万985例を対象に解析が行われた。

 検討された項目は、年齢、性別、DMの罹病期間、HbA1c、体重指数(BMI)、収縮期と拡張期の血圧、低比重リポ蛋白コレステロール(LDL-C)および高比重リポ蛋白コレステロール(HDL-C)、喫煙状況である。また、β遮断薬、ACE阻害薬、アンジオテンシII受容体拮抗薬(ARB)の使用も合わせて検討した。

 スウェーデンの全国退院登録では、主病名と関連病名の登録が全例で義務付けられている。そこで本研究では、個人識別番号(PIN)を用いて全国退院記録と原因別死亡登録を関連付けた。

 経過観察は登録時から、心不全を退院病名とする入院や死亡があったとき、または2009年12月の終了時まで行った。

 平均HbA1c(毎回の測定ごとに更新された平均値)によって、6つのカテゴリーに分けた(6.5%未満、6.5%以上7.5%未満、7.5%以上8.5%未満、8.5%以上9.5%未満、9.5%以上10.5%未満、10.5%以上)。

 HbA1cが6.5%未満の症例に比べて、10.5%以上の症例はDM罹病期間が長く、血圧が高く、心筋梗塞が多く、喫煙者が多く、ACE阻害薬やARB、β遮断薬の投与を受けている割合が高かった。

この記事を読んでいる人におすすめ