日経メディカルのロゴ画像

Lancet誌から
携帯メールの利用で禁煙の長期継続率が上昇
自己申告と併せて生化学検査を実施して禁煙状況を評価

2011/07/12
岡本 絵理=メディカルライター

 禁煙する意思のある喫煙者を対象として、携帯メールによる禁煙プログラムを実施したところ、禁煙とは無関係のメールを受信していたグループと比べて、6カ月後の禁煙継続率が有意に高いことが示された。この結果はLancet誌7月2日号に発表された。

この記事を読んでいる人におすすめ