日経メディカルのロゴ画像

Circulation誌から
ダビガトランは費用対効果に優れているか
INR管理が不良なハイリスク例に対する高用量のみワルファリンに勝る

2011/06/15
難波 寛子=医師

 Circulation誌6月7日号に掲載された、RE-LY(Randomised Evaluation of Long Term Anticoagulation Therapy)研究などに基づく解析から、抗血栓治療薬の費用対効果は脳卒中リスクなどの条件によって異なることが分かった。ダビガトランが優れていたのは、出血または脳卒中のリスクが高く、ワルファリンによるコントロールが不良な症例に高用量を投与した場合だった。

この記事を読んでいる人におすすめ