日経メディカルのロゴ画像

Hypertension誌から
治療抵抗性高血圧の3分の1強は白衣高血圧
同症の適切な管理には24時間血圧測定が不可欠と著者

2011/04/12
西村 多寿子=東京大学

 24時間自由行動下血圧測定(ABPM)をルーチンに行っている高血圧患者集団において治療抵抗性高血圧の有病率を調査したところ、その有病率は約12%であり、うち3分の1強は白衣高血圧であることが分かった。この結果は3月28日、Hypertension誌オンライン版で発表された。

この記事を読んでいる人におすすめ