日経メディカルのロゴ画像

Circulation誌から
圧較差の低い高度ASの予後は中等度と同等
「弁置換術の適応は症状の原因が明らかな症例に限定可能」と著者

2011/03/18
難波 寛子=医師

 大動脈弁狭窄症(AS)の重症度を評価する際、弁口面積からは高度に分類されるものの平均圧較差は高くなく、左室駆出率(EF)も正常である症例は少なくない。

この記事を読んでいる人におすすめ