日経メディカルのロゴ画像

JAMA誌から
高感度トロポニンTは器質的心疾患・総死亡と関連
米国の一般住民コホートで検討、男性・高齢者で高い陽性率

2010/12/21
難波 寛子=医師

 血中心筋トロポニンTcTnT)濃度と器質的心疾患、総死亡との関連は知られているが、従来法では陽性率が低く、一般住民における有用性は不明だった。米国のダラス心臓研究DHS)から、従来法よりも感度の高い高感度cTnTは住民の25%で測定感度以上であり、器質的心疾患発症や総死亡と関連していることが分かった。この結果はJAMA誌12月8日号に掲載された。

 DHSは、米国テキサス州ダラス郡の住民を対象として行われた多施設共同のpopulation-based studyである。対象の抽出は2000年7月~02年9月に行われた。

 データ収集は3回に分けて行った。初めに対象者6101例の自宅を訪問し、患者背景、既往歴、血圧、身体計測結果のデータを集めた。30歳から65歳までの3557例に2回目の自宅訪問を行い、空腹時血糖と尿の検体を集めた。3回目のデータ収集はテキサス大学サウスウエスタン医療センターで、2971例がDEXA法による体組成測定(DEXA)、心臓の電子ビームCT(EBCT)、心臓MRI(MRI)を受けた。

 DHSの対象のうち、高感度cTnTを測定した3546例全員が本研究の対象となった。うち2501例でMRIが、2770例でEBCTが撮影された。

 cTnT測定には、ロシュ・ダイアグノスティック社のElecsys-2010 Troponin T hs STAT(検出下限:0.003ng/mL、健常人での99パーセンタイル値:0.014ng/mL)を用いた。

 07年12月までの対象者の死亡は、国の死亡統計より調べた。死亡統計が国際疾病分類第10版コードのI00からI99までを含む場合、心臓死とみなした。

 解析に際し、高感度cTnTを5つのカテゴリーに分類した。検出下限以下の場合をカテゴリー1とし、健常人の99パーセンタイル値である0.014ng/mL以上をカテゴリー5とした。測定値が0.003~0.014ng/mLである対象を3分してカテゴリー2~4とした。また、陰性と陽性に分けて検討する場合、検出感度以下を陰性、検出可能な場合を陽性とした。

 サンプルバイアス調整後、ダラス郡の成人における高感度cTnT陽性率は25%(95%信頼区間[95%CI]:22.7-27.4)で、従来法で測定したcTnTでは0.7%(95%CI:0.3-1.1)だった。

この記事を読んでいる人におすすめ