日経メディカルのロゴ画像

Circulation誌から
ブルガダ症候群、有意な危険因子は有症状とtype1心電図
欧州4カ国での前向き研究の結果、無症状例のイベント発生は0.5%と低率

2010/02/26
難波 寛子=医師
ブルガダ症候群、有意な危険因子は有症状とtype1心電図の画像

 ブルガダ型心電図を呈する人は、心臓突然死のハイリスクと考えられてきた。しかし最近の研究結果から、少なくとも無症状であれば致死的不整脈の発生率は低い可能性が示されており、リスクの層別化や無症状患者の治療方針について一定した見解は得られていなかった。

この記事を読んでいる人におすすめ