日経メディカルのロゴ画像

J Am Coll Cardiol誌から
クロピドグレル初回量は300mgよりも600mgが有用
PCIを行ったSTEMI患者の予後が改善、出血リスクも上昇せず

2009/10/16
岡本 絵理=メディカルライター
クロピドグレル初回量は300mgよりも600mgが有用の画像

 ST上昇型心筋梗塞(STEMI)患者に対し、経皮的冠動脈インターベンション(PCI)施行前にクロピドグレルを投与する場合、初回量を300mgよりも600mgとした方が虚血性有害事象が少なく、出血リスクの上昇もないことが分かった。

この記事を読んでいる人におすすめ