日経メディカルのロゴ画像

Diabetes Care誌から
HbA1c値6.5%以上を糖尿病とすべき
国際専門委員会が糖尿病の診断にHbA1cの使用を勧告

2009/07/07
小塩 尚代=メディカルライター

 米国糖尿病学会(ADA)・欧州糖尿病学会(EASD)・国際糖尿病連合(IDF)合同の国際専門委員会(International Expert Committee)は、糖尿病の診断にHbA1c検査を使用すべきだとする勧告をまとめ、Diabetes Care誌7月号で公表した。この勧告は、6月に米国・ニューオリンズで行われた第69回ADA学術集会でも発表されている。

この記事を読んでいる人におすすめ