日経メディカルのロゴ画像

N Engl J Med誌から
報奨金が高額なら本気で禁煙を考える?
最高750ドル、だが報奨金の期間以降の再喫煙率は高めだった

2009/03/11
小塩 尚代=メディカルライター

 職場で社員に禁煙を促す際に、禁煙成功に対して高額な報奨金を出したところ、地域で実施されている禁煙支援プログラムを紹介しただけの場合に比べて長期間の禁煙率が向上した。この結果はN Engl J Med誌2月12日号に掲載された。

この記事を読んでいる人におすすめ