日経メディカルのロゴ画像

Lancet誌から
ステント留置患者の虚血イベントとステント血栓症の抑制に有効性示したプラスグレル

 経皮的冠動脈インターベンションが適応となった急性冠症候群患者における虚血イベントステント血栓症の抑制にプラスグレルが有効であることが明らかとなった。これはTRITON-TIMI 38試験で明らかになったもので、米Harvard大学のStephen D Wiviott氏らがLancet誌2008年4月19日号で報告した。

 TRITON-TIMI 38試験は、経皮的冠動脈インターベンション(PCI)が適応と見なされた急性冠症候群(不安定狭心症、非ST上昇心筋梗塞、ST上昇心筋梗塞)で、一カ所以上のステント留置を受けた患者を対象とした。虚血イベントやステント血栓症の抑制には、現在よく使われているクロピドグレルと開発中の新薬であるプラスグレルを無作為に割り付けている。プライマリーエンドポイントは心血管死亡/非致死的心筋梗塞/非致死的脳卒中で、セカンダリーエンドポイントはステント血栓症を設定し、intention-to-treat解析を行った。

この記事を読んでいる人におすすめ