日経メディカルのロゴ画像

心不全のチーム医療・病診連携への試行錯誤●その8
心不全に合併する抑うつへの対応

2011/07/27

 心不全では合併する抑うつが独立した予後規定因子とされていますが、その診断法や治療法についての記載は、日本で教科書に登場することはほとんどありませんでした。しかし、うつも心不全のチーム医療で取り上げるべき項目と考えられることから、現在までの知見をまとめてみました。

心不全に合併する抑うつの頻度と意義

 日常臨床において患者の精神面までケアすることは少なく、心不全の治療では心臓そのものに集中した治療が行われます。しかし日本における心不全の検討においても、抑うつは23%に合併しており、独立した予後予測因子であることが報告されています[1]。最近では経過中にうつが悪化すると、予後がさらに悪化するという報告もあります[2]。

心不全に合併する抑うつの診断

 では、診断はどうすればよいのでしょうか。上記の論文では、様々な抑うつのスケールが使用されています。しかし、循環器専門医が一般的に使用するには煩雑です。チーム医療を定着させるためには、システムは簡便なことが必要です。

 そこでスクリーニングとして、(1)物事に対する興味や楽しみがなくなった、(2)気持ちが落ち込んだり、憂うつになる――という簡単な2項目の質問法が提唱されています[3]。これでうつが疑われた場合、専門の精神科へコンサルトするのがよいと思います。ここで大切な点は、患者教育資材などに質問を記載しておくことです。そうすれば、スクリーニングが半ば自動的に行われるようになります。

緩和ケアにおける抑うつの治療

 では、治療はどうすればよいのでしょうか。心不全患者にうつが存在した場合、その治療効果、または介入して予後が改善するかどうかについては、まだ結論は出ていません。

 SEARCH(Support Education, and Research in Chronic Heart Failure Study)では、心不全患者における「マインドフルネス瞑想」(「注意集中型瞑想」)と、サポートグループとのディスカッションを中心とする介入の効果が比較検討されました[4]。

 その結果、抑うつの指標として用いたCES-D(Center for Epidemiologic Studies Depression Scale)、QOLの評価としてのKCCQ(Kansas City Cardiomyopathy Questionnaire)は、短期的には著明に改善しましたが、QOL改善効果は1年後には消失し、長期予後には影響を与えませんでした。
 

著者プロフィール

佐藤幸人(兵庫県立尼崎病院循環器部長)さとうゆきひと氏。 1987年京大卒。同大循環器内科入局、94年に京大大学院修了。同科病棟医長を経て、2004年から兵庫県立尼崎病院循環器内科に勤務。 07年より同科部長。研究テーマは心不全のバイオマーカーなど。

連載の紹介

佐藤幸人の「現場に活かす臨床研究」
専門の心不全だけでなく、臨床全般に興味がある。過疎地の病院での臨床経験もある。そんな佐藤氏の持論は、「医療とは患者、家族、医師、パラメディカル、メディア、企業などが皆で構成する『社会システム』だ」。最新の論文や学会報告を解説しつつ、臨床現場でそれらをどう活かすかを考える。

この記事を読んでいる人におすすめ