心房細動に対するアブレーション治療は既にスタンダードな治療法となっていますが、一定程度の再発が起こります。心房細動再発を予測する因子として、患者背景、アブレーションを行った心房細動の特性、左房径などの心臓の状態、アブレーションの手技、遺伝因子など様々な因子が提唱されていますが、どれも十分な予測精度を有しておらず、より良い再発予測因子の同定が期待されます。

心房細動再発を予測する期待のバイオマーカーの画像

ログインして全文を読む