日経メディカルのロゴ画像

お酒が飲めない人は心筋梗塞が重症になる?

2014/10/01

 忘年会のシーズンが近づいているが、毎年二日酔いで後悔することになる人も少なくないだろう。二日酔いの原因であるアルデヒドを分解する酵素に着目したところ、お酒が飲めない人は心筋梗塞が重症となるというメカニズムの一端が見えてきた。

 二日酔いの原因であるアルデヒドを分解する酵素、アルデヒドデヒドロゲナーゼ2(ALDH2)には良く知られた遺伝子多型がある。多数を占める型(ALDH2*1と呼ぶ)は活性が高く、少数型のALDH2*2は活性が低い(ALDH2*1の1/16程度)。このため、2つの遺伝子とも*1の人(*1/*1、野生型)の人はお酒を飲んでもケロっとしているが、*1/*2の多型ヘテロの人はお酒を飲むとすぐ赤くなり、*2/*2の多型ホモの人は下戸である。欧米人では*2はほとんどいないが、日本人を含む東アジア人では*1/*2の多型ヘテロの人が45%、*2/*2の多型ホモの人が15%いる。このため、日本人では欧米人に比べてお酒に弱い人が多いとされている。

 このALDH2の多型が心血管イベントのリスクとその重症度に関係することは以前から知られており、日本からの発表も複数ある。今回、ALDH2*2では虚血による心筋傷害が重症化するメカニズムを、ヒトiPS細胞由来心筋細胞を用いて明らかにした論文を紹介したい。

*ヒトiPS細胞モデル系を使ったALDH2遺伝子多型での虚血傷害増強の分子機構の検討
Characterization of the molecular mechanisms underlying increased ischemic damage in the aldehyde dehydrogenase 2 genetic polymorphism using a human induced pluripotent stem cell model system
Antje D. Ebert, et al.
Sci. Transl. Med. 2014;6:255ra130

●ALDH2多型と心血管イベントの関係
 ALDH2*1では、冠動脈疾患のリスクが低く、心筋梗塞を生じたとき梗塞範囲が小さい傾向にあることが既に知られている。図1は、日本人における冠動脈疾患の遺伝的リスクを全ゲノム相関解析(Genome-Wide Association Study:GWAS)で調べた結果のマンハッタンプロットである。欧米人の冠動脈疾患のGWASではALDH2は挙がってきていないが、日本人ではALDH2の多型が冠動脈疾患と最も強く相関している。これは日本人でALDH2多型の頻度が高いためと考えられる。

著者プロフィール

古川哲史(東京医科歯科大学難治疾患研究所生体情報薬理学分野教授)ふるかわてつし氏。89年東京医科歯科大学大学院医学研究科博士課程修了。米国マイアミ心臓研究所、マイアミ大学留学を経て、94年東京医科歯科大学難治疾患研究所自律生理分野・助手。99年秋田大学医学部第一生理学講座・助教授、2003年4月より現職。

連載の紹介

古川哲史の「基礎と臨床の架け橋」
臨床医から基礎医学の研究に身を転じた古川哲史氏に、ワンランク上の臨床を実践するために知っておいた方がいい基礎知識を、論文トピックスを材料に解き明かしてもらいます。

この記事を読んでいる人におすすめ