日経メディカルのロゴ画像

【2型糖尿病の薬物治療に関する調査2012】No.4
処方理由、アマリールは「血糖低下作用が強い」が最多
ジャヌビアとベイスンは「他剤との併用が可能」

2012/08/23
編集部
処方理由、アマリールは「血糖低下作用が強い」が最多の画像

 処方率の高かった「アマリール」「ジャヌビア」「ベイスン」のそれぞれについて、処方理由を解析したところ、アマリールは「血糖低下作用が強い」が、ジャヌビアとベイスンは「他剤との併用が可能」が、最も多かった。日経メディカル オンラインが医師会員を対象に行った「2型糖尿病の薬物治療に関する調査2012」で明らかになった。

連載の紹介

循環器プレミアム編集部から
「日経メディカルオンラインを、循環器医向けにカスタマイズしよう」としてできたのが、「日経メディカル Online循環器プレミアム」(通称:循環器プレミアム)。本サイトの独自コンテンツは、編集部員が全世界から集めました。このコーナーでは取材を通じて編集者が考えたことを、ブログ形式で綴ります。

この記事を読んでいる人におすすめ