日経メディカルのロゴ画像

公開記事に関するアンケートから
4月閲覧1位は「オフポンプとオンポンプCABG、30日転帰に有意差なし」

2012/06/15

 本年5月に行いました「2012年4月公開記事に関するアンケート」にご協力いただきまして、誠にありがとうございました。今回も403人の先生方にご回答いただきました。この場を借りて、お礼申し上げます。

 2012年4月に公開した循環器プレミアムのオリジナル記事中、閲読1位は「オフポンプとオンポンプCABG、30日転帰に有意差なし」でした。「non-HDL-CはLDL-Cより心血管イベントと強く関連」が2位、「DPP-4阻害薬の血糖降下作用に優位性認められず」が3位に入りました。

 「オフポンプとオンポンプCABG、30日転帰に有意差なし」は3月にシカゴで開催された米国心臓学会(ACC2012)のレイトブレイキングセッションで発表され、N Engl J Med誌に同時掲載となったものです。

 上位20位の記事をみると、日本循環器学会2012のトピックスが3本入っていました。

初診時に自覚症状がないAFは慢性化しやすい
AMI後の糖尿病患者、心血管イベント発生は水溶性スタチンの方が低率
心房中隔欠損症のカテーテル治療、成人循環器医も高い安全性で実施

連載の紹介

循環器プレミアム編集部から
「日経メディカルオンラインを、循環器医向けにカスタマイズしよう」としてできたのが、「日経メディカル Online循環器プレミアム」(通称:循環器プレミアム)。本サイトの独自コンテンツは、編集部員が全世界から集めました。このコーナーでは取材を通じて編集者が考えたことを、ブログ形式で綴ります。

この記事を読んでいる人におすすめ