日経メディカルのロゴ画像

6月の閲読1位は糖尿病の改訂診断基準について
(2010.9.14訂正)

2010/08/12

 7月に行った「2010年6月公開記事に関するアンケート」、いつもながらのご協力ありがとうございました。今回も451人の先生方にご回答いただきました。この場を借りて、お礼申し上げます。

 2010年6月に公開した循環器プレミアムのオリジナル記事中、「お読みいただいた」との回答が最も多かった記事は、「循環器プレミアム速報●『新しい糖尿病診断基準は来月1日から使えます』」でした。

 新しい診断基準の正式発表が、第53回日本糖尿病学会年次学術集会初日の5月27日。本記事は、それから1週間後の6月4日に行われた清野裕氏の講演会を取材し、6月15日に記事を公開しました。糖尿病の診断基準改訂という普遍性の高い話題を、いくつかのトピックに絞って速報したことが、高い閲読率に結びついたと考えます。

 その後の報道で既にご存知のこと思いますが、今回の診断基準改訂に伴い学会が指定した日から、すべての医療現場で使われるHbA1c値の表記が変わります(JDS値→国際標準値)。英文の論文や国際学会での発表については今年7月1日から変更されましたが、日常診療で使う表記がいつから変わるのかは、まだ決まっていません。

 7月30日に公開した記事「循環器プレミアム速報●日常診療でのHbA1c表記変更は2012年の見込み」では、そのスケジュールが当初の目論見より遅れていることを報じました。この話題については、循環器プレミアムでもウオッチしていきます。

連載の紹介

循環器プレミアム編集部から
「日経メディカルオンラインを、循環器医向けにカスタマイズしよう」としてできたのが、「日経メディカル Online循環器プレミアム」(通称:循環器プレミアム)。本サイトの独自コンテンツは、編集部員が全世界から集めました。このコーナーでは取材を通じて編集者が考えたことを、ブログ形式で綴ります。

この記事を読んでいる人におすすめ