日経メディカルのロゴ画像

1月に最も読まれた記事は脂質異常症のアンケート結果

2010/04/07

 2月に行った「2010年1月公開記事に関するアンケート」、いつもながらのご協力ありがとうございました。今回も466人の先生方にご回答いただきました。この場を借りて、お礼申し上げます。

 2010年1月の記事中、「お読みいただいた」との回答が最も多かったものは、1月5日に公開した、「脂質異常症に関する調査●第1選択薬はスタチンが95%で1位」でした。

 このアンケートは昨年、日経メディカル オンラインの医師会員を対象に実施したもので、循環器プレミアムでも多くの先生方にご回答いただきました。患者の状態や合併症別に治療目標値をうかがっており、このような詳細なデータが、循環器医・代謝内分泌医にとってよい情報となったのだと思います。

 なお、同じアンケート結果から、最も使われている高脂血症治療薬などを紹介した「脂質異常症に関する調査●現在処方している治療薬、最も多いのはリピトール」も7位に入りました。本記事が1月4日公開、閲読率1位となった記事が1月5日公開と、仕事始めの週のトップバッターとして公開した記事であったことも、読者の記憶に残った一因なのかもしれません。

 

連載の紹介

循環器プレミアム編集部から
「日経メディカルオンラインを、循環器医向けにカスタマイズしよう」としてできたのが、「日経メディカル Online循環器プレミアム」(通称:循環器プレミアム)。本サイトの独自コンテンツは、編集部員が全世界から集めました。このコーナーでは取材を通じて編集者が考えたことを、ブログ形式で綴ります。

この記事を読んでいる人におすすめ