日経メディカルのロゴ画像

ARBと利尿薬の配合剤、回答者の6割超が処方経験あり

2009/10/13

 アンケートに回答した循環器プレミアム会員の66%は、アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)と利尿薬の配合剤(以降、降圧薬配合剤と略)の処方経験があり、処方経験者の4分の3は、今後も処方患者は増加すると見ていることが明らかになった。今年8月に実施した「2009年7月公開記事に関するアンケート」の中で、記事閲読についての質問に合わせて聞いたもの。具体的に処方されている合剤は、発売時期が最も早かったプレミネントが最も多かった。

連載の紹介

循環器プレミアム編集部から
「日経メディカルオンラインを、循環器医向けにカスタマイズしよう」としてできたのが、「日経メディカル Online循環器プレミアム」(通称:循環器プレミアム)。本サイトの独自コンテンツは、編集部員が全世界から集めました。このコーナーでは取材を通じて編集者が考えたことを、ブログ形式で綴ります。

この記事を読んでいる人におすすめ