日経メディカルのロゴ画像

JUPITER試験をふまえた予防的治療、先生のお考えは?
LDLコレステロール130未満かつhsCRP2以上でのスタチン投与の是非

2009/02/04

 このアンケートは、2月12日14時に締め切りました。ご協力、誠にありがとうございました。結果は、集計が終わり次第、循環器プレミアムサイト上にてお知らせいたします。


 2008年のAHAでは、LDLコレステロール(LDL-C)値が上昇しておらず、心血管疾患の既往がないものの、高感度C反応性蛋白hsCRP)が2mg/L以上となってしまっている男女を対象にスタチンの心血管疾患発症抑制効果を評価したJUPITER試験の結果が発表されました。

 試験の結果、プラセボ群に対しスタチン投与群の累積発症率は44%減少することが確認されました(ハザード比0.56 95%CI:0.46-0.69、p<0.00001)。NNTは25人でした。

 この米国人を対象とした試験結果が発表された結果、米国のスタチン投与・投与推奨者は、現在の60%から80%と20ポイント上昇するという調査結果も発表されています。

関連記事
AHA2008 Report about the JUPITER vol. 1
木星ないしは雷神という名の“衝撃波”が世界を襲った(上)
心血管イベント予防のため健常人でも炎症マーカーをみるべきか


AHA2008 Report about the JUPITER vol. 2
木星ないしは雷神という名の“衝撃波”が世界を襲った(下)
エキスパートオピニオンをインターネットで集める


MedPageToday特約
JUPITERの結果を適用するとスタチン推奨者は20%増加に

連載の紹介

循環器プレミアム編集部から
「日経メディカルオンラインを、循環器医向けにカスタマイズしよう」としてできたのが、「日経メディカル Online循環器プレミアム」(通称:循環器プレミアム)。本サイトの独自コンテンツは、編集部員が全世界から集めました。このコーナーでは取材を通じて編集者が考えたことを、ブログ形式で綴ります。

この記事を読んでいる人におすすめ