日経メディカルのロゴ画像

JUPITER試験をふまえた予防的治療、先生のお考えは?
LDLコレステロール130未満かつhsCRP2以上でのスタチン投与の是非

2009/02/04

 2008年のAHAでは、LDL-C値が上昇しておらず、心血管疾患の既往がないものの、高感度C反応性蛋白(hsCRP)が2mg/L以上となってしまっている男女を対象にスタチンの心血管疾患発症抑制効果を評価したJUPITER試験の結果が発表されました。

連載の紹介

循環器プレミアム編集部から
「日経メディカルオンラインを、循環器医向けにカスタマイズしよう」としてできたのが、「日経メディカル Online循環器プレミアム」(通称:循環器プレミアム)。本サイトの独自コンテンツは、編集部員が全世界から集めました。このコーナーでは取材を通じて編集者が考えたことを、ブログ形式で綴ります。

この記事を読んでいる人におすすめ