日経メディカルのロゴ画像

診察中に患者が刃物を取り出したら
眼前の患者に暴力の予兆、まず取るべき対応は?

2016/10/11
横内 昭光(警察OB、ホスピタルサポートサービス代表)
眼前の患者に暴力の予兆、まず取るべき対応は?の画像

 暴れる患者が刃物を出したとき、どうしたらいいのか――。これも講演会などでよく出る質問です。私は「まず逃げる。そして助けを呼ぶことだ」と答えています。万が一診察室内で、いきなり襲い掛かってきたら、机の上に置いてある物を投げつけるとか、キーボードで刃物を持った手をはたくとか、とっさの判断で身を守る行動をとらなければいけません。最も大事なのは、診察室に入ってきた患者の様子から、その異変に気付くことなのです。

連載の紹介

院内暴力・セクハラSOS
患者からの迷惑行為の代表格が、暴言・暴力。一方、女性の就業者が多い医療現場では、セクハラも困った問題です。長年、大学病院で渉外活動を担ってきた横内昭光氏(学校法人慈恵大学総務部渉外室名誉顧問)が代表を務める、警察OBらで構成する院内暴力対策研究会のメンバーを中心に、いざというときの対処法を指南します。
忙しい先生の代わりに開業に必要なアレコレ集めました
『日経メディカル開業サポート』オープン!

「開業したいけど、何から手を付ければいい?」
「テナントではどんな物件があるの?」
「先輩開業医の経験談を聞きたい」今までこう思った経験はありませんか?
『日経メディカル開業サポート』では、開業までのスケジュールをセルフチェックできる「開業ToDoリスト」や、先輩開業医によるコラム、医師の開業意識調査結果など、これから開業される先生へ有益な情報満載でお届けしています。
また、物件探しや医療機器導入、会計・税務等、開業に関して適切なタイミングで適切なサポートを受けられる企業を厳選してご紹介しています。ご利用はすべて無料ですので、まずは一度サイトをご覧ください!

この記事を読んでいる人におすすめ